スマートフォン用の表示で見る

東條輝雄

一般

東條輝雄

とうじょうてるお

1914年9月23日生まれ。

陸軍大将で第40代内閣総理大臣も勤めた東條英機の次男。

父から軍人より技術者になることを勧められ、東京帝国大学航空学科を卒業し、三菱重工業入社

愛知県名古屋市港区大江にある、三菱重工業名古屋航空機製作所(現在の名古屋航空宇宙システム製作所)にて、零戦雷電烈風の設計などに携わる。

戦後も技師として国産旅客機YS-11や、航空自衛隊の国産輸送機C-1の設計を行う。

三菱重工業副社長を経て、1981年に三菱自動車の社長就任、1983年に同社会長、その後同社相談役となり、1994年に退社。

2012年11月9日、98歳で死去。