スマートフォン用の表示で見る

桃太郎侍

キーワードの候補

2件

一般

桃太郎侍

ももたろうざむらい

山手樹一郎時代小説1946年刊行。

映画やテレビドラマにも幾度も取り上げられる人気コンテンツ。そのつど、設定が微妙にかわる。



原作のストーリー

江戸のちまたで、母一人子一人で暮らしてきた浪人・新二郎。その母も亡くなり、天涯孤独となった彼は自由に生きていこうと決意する。そんなおり、町で侍に絡まれ難儀していた小鈴を助けるが、とっさに名乗った名前が“桃太郎”。続いて彼は、またまた武家娘・百合を助けるが、これが四国讃岐の若木藩ゆかりの女性だったことから、新二郎はお家騒動に巻き込まれていくことになる……が、な・なんと、実は新二郎こそが、讃岐藩主・若木新之助の双子の弟であった。



映画化された「桃太郎侍」



テレビドラマの「桃太郎侍」



マンガになった「桃太郎侍」

一般

桃太郎侍

ももたろうざむらい

テレビ時代劇。高橋英樹の当たり役。

昭和51年(1976)10月から56年(1981)9月まで放送、全258回。日本テレビ系で放送。平成4年(1992)・5年(1993)にテレビ朝日系でスペシャル版が放送。

キャスト

キメ台詞

一つ、人の世生き血をすすり。二つ、不埒な悪業三昧。三つ、醜い浮世の鬼を退治てくれよう桃太郎

(26話から登場。この数え歌は十まであったらしいが、結局三までで定着)