スマートフォン用の表示で見る

棟方志功

アート

棟方志功

むなかたしこう

板画*1家(1903-1975)。青森県出身。


少年時代から絵を描くことが好きだった棟方志功は、20才でゴッホの「ひまわり」を雑誌で見たのを見て、感銘。21才で上京した。

画家として出発するが、芽が出ず、版画に転向。仏教的な美と女性像を得意として国際的にも高く評価された。また、「わだばゴッホになる」と生涯、ゴッホを目標とした画家としても有名である。

75年の死後、作家・長部日出雄棟方志功をモデルにした「鬼が来た」を発表し、テレビドラマにもなった。

*1:本人は「版画?」よりも「板画」という表記を好んだ。