スマートフォン用の表示で見る

筒井政憲

社会

筒井政憲

つついまさのり

安永6年5月21日(1778年6月15日) - 安政6年6月8日(1859年7月7日))

江戸時代末期(幕末)の旗本行政官

目付、長崎奉行南町奉行大目付歴任。通称は右馬助、佐次右衛門。官位伊賀守、和泉守、紀伊守、肥前守。旗本久世広景(三四郎)の次男で、戦国大名の末裔である旗本筒井氏(1000石)を継いだ。母は旗本内藤信庸の娘。子に政循、下曽根信敦がいる。下曽根信之は孫。

墓所東京都新宿区日蓮宗常円寺にあり、新宿区史跡に指定されている。