スマートフォン用の表示で見る

統合幕僚会議

一般

統合幕僚会議

とうごうばくりょうかいぎ

統合幕僚会議は、かつて日本の防衛庁に属していた特別の機関。

防衛庁設置法第27条によって、議長並びに陸上幕僚長海上幕僚長及び航空幕僚長をもって組織された。

陸海空3自衛隊の調整機関としての位置づけで、統合幕僚会議議長と陸、海、空の幕僚長らが協議して部隊運用をすることになっていた。

だが各自衛隊は日本防衛を考える際にも、我田引水の論を唱えて別個の作戦構想を描くことが多く、統合幕僚会議は名目的存在と言われることがあった。

しかしながら、近年、陸上自衛隊海上自衛隊輸送艦や、航空自衛隊の輸送機で海外派遣されたり、弾道ミサイル防衛などでも、3自衛隊の緊密な協力が必要となる機会が多く、他国では半世紀も前から行っている「統合運用」を取り入れることとなり、2006年3月、同会議は統合幕僚監部に改組された。