統治行為論

一般

統治行為論

とうちこういろん

高度に政治的な事件については、立法府裁量に任せるべきで司法裁判所は判断を回避すべきという理論。日本では砂川事件の時に初めて言及。詳しくは統治行為論 - Wikipediaを参照。