統制派

社会

統制派

とうせいは

1920年代頃から第二次世界大戦が終戦するまで存在した日本の陸軍派閥の1つ。合法的な形で欧米の列強に対抗し得る「高度国防国家」の建設を目指した。永田鉄山東條英機などが参加していた。