董允

社会

董允

とういん

中国後漢から三国時代の人物(? - 246年?)。南郡枝江県の人。字(あざな)は休昭。父は董和。孫は董宏。蜀(蜀漢)の「四相」として知られる人物の1人。

若い頃から費禕と共に名が知られ、父の董和も2人の優劣を見極めることがなかなかできなかったほどであった。

劉備に仕え、費禕と共にその太子である劉禅の側近として取り立てられた。劉禅即位すると、丞相の諸葛亮の信任を受けて、費禕郭攸之と共に侍中として宮中のまとめ役となった。やがて北伐?が開始されると、費禕は参軍として諸葛亮の出征に参加し、郭攸之は大人しいだけの人物であったため、董允が宮中において劉禅のお目付け役となった。劉禅宦官黄皓を寵愛したが、董允が存命中は彼を重職につけることはできなかった。

諸葛亮の没後、蒋琬費禕が相次いで政治を取ったが、董允は常に一歩引いて彼等を立てた。

董允の没後、後任の侍中となった陳祗?という人物は劉禅黄皓に取り入って信任を得たため、劉禅は陳祗を寵愛すると共に、死んだ董允のことを疎ましく思うようになっていったという。

リスト::三国志関連