スマートフォン用の表示で見る

藤巻幸夫

アート

藤巻幸夫

ふじまきゆきお

藤巻幸夫1960年1月5日 - 2014年3月15日)は、日本の実業家、政治家。元参議院議員

東京都出身

神奈川県立港北高等学校、上智大学卒業後、伊勢丹入社

ブランディング、ショッププロデュース等の実績から、カリスマバイヤーとして注目される。伊勢丹では「バーニーズ・ジャパン」、「解放区」、「リ・スタイル」等の事業やブランドの立ち上げを担当。

独立後はアパレル会社等を経て、2003年に福助代表取締役社長に就任。約1年半で経営再建に成功。

2005年からはセブンアンドアイ生活デザイン研究所代表取締役社長、イトーヨーカ堂取締役執行役員衣料事業部長、セブン&アイ出版取締役兼任し同社衣料部門の立て直しに取組む。

2008年までに退任した後は、フジマキ・ジャパン副社長、藤巻兄弟社社長、シカタ代表取締役プロデューサーテトラスター社長、トランジットジェネラルオフィス特別顧問、ビーバイイー社外取締役、新世界百貨店韓国)顧問、アズウェーブ顧問等を兼任。また、ザッパラスにより運営されるWebサイト「藤巻百貨店」のプロデュースを行う。

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙において、当選者が退職したことにより参議院議員繰り上げ当選みんなの党に所属していたが、2013年12月に結いの党に参加した。

2013年12月下旬、急性膵炎で都内の病院に入院。

2014年3月15日、都内の病院で大動脈破裂のため死去。54歳没。