藤原為房

社会

藤原為房

ふじわらのためふさ

日本の平安時代後期の公卿。藤原隆方の子。

三事兼帯者となるなど、博学かつ、優秀な実務官僚として活躍した。