藤原季範

社会

藤原季範

ふじわらのすえのり

日本の平安時代末期の公家。神官。

神官として熱田大宮司などを歴任。また、娘の由良御前源義朝の正室となった。