スマートフォン用の表示で見る

藤原義江

音楽

藤原義江

ふじわらよしえ

1898-1976 オペラ歌手(テノール)。父は英国人。新国劇をへて戸山英次郎の名で浅草オペラにデビューした。イタリアに留学,欧米各国で演奏活動を行う。1934年藤原歌劇団を創設,日本のオペラ運動の推進に大きく貢献した。当時の有名な演奏家との交流も多くトスカニーニ藤原義江の演奏を聞いたと言う。


藤原歌劇団は、本格的な日本の歌劇団の草分け的な存在。日本で初めて本格的にオペラを上演し,以後のオペラ運動を主導してきた。藤原義江を中心に1934年に創設され,同年プッチーニラ・ボエームで旗揚げした。1952年にはニューヨークローゼンストックの指揮により蝶々夫人を上演し注目される。また、これは、日本の歌劇団初の海外公演となった。