スマートフォン用の表示で見る

藤原教通

一般

藤原教通

ふじわらののりみち

摂関政治を行った最後の関白藤原道長の子であり、かつ藤原頼通の弟。

後冷泉天皇の代に関白に付くが天皇は子を残さず、教通が関白に付いた直後に崩御藤原氏外戚に持たない後三条天皇即位すると実権を失う。兄・頼道との対立から天皇へ対抗しきれず、教通の代で摂関政治は終末を迎える。以降の摂政関白とは名ばかりの役職である。