スマートフォン用の表示で見る

藤原佐理

アート

藤原佐理

ふじわらのすけまさ

天慶7年(944年)〜長徳4年7月25日(998年8月19日)

日本の平安中期の公卿能書家

右近少将、参議、兵部卿、大宰大弐などを歴任した。また、早くより能書で知られ草書の第一人者としての評価も高く、小野道風や藤原行成とともに三蹟の1人に数えられている。