藤原師輔

社会

藤原師輔

ふじわらのもろすけ

延喜8年12月17日(909年1月11日)〜天徳4年5月4日(960年5月31日)

日本の平安時代中期の公卿藤原忠平の次男。

学問に優れた人物として知られ、村上天皇の時代に右大臣として活躍した。