藤原宗円

社会

藤原宗円

ふじわらのそうえん

日本の平安時代後期の人物。藤原兼房の子とされる。

鎌倉時代から室町時代のかけて下野国地盤に活動した宇都宮氏の初代当主と目される人物である。