藤原俊成

読書

藤原俊成

ふじわらのとしなり

永久2(1114)〜元久元(1204)。『千載和歌集』の撰者。後鳥羽院の信任を得、当代歌壇の第一人者であった。清新でありながら温雅な歌風で、いわゆる「幽玄」を大成した。息子は定家