スマートフォン用の表示で見る

藤原信頼

一般

藤原信頼

ふじわらののぶより

平安時代末期の貴族。

平家物語』の冒頭で「平治の信頼」と語られるのはこの人。

藤原通憲と対立し、源義朝と結んで平治の乱を引き起こすが、実は源平双方を争わせて漁夫の利を得ようとしていた。後、平重盛が宮中に迫ると逃げ出してしまう。劣勢となると義朝を頼って逃げようとするも、「日本一の不覚人」と罵られ見捨てられてしまった。乱後、信頼は斬首刑となる。

それが「信頼」とは皮肉な名前である。。。