藤原審爾

読書

藤原審爾

ふじわらしんじ

作家。野球好きでも有名であった。

東京の生まれだが、幼くして両親を亡くし、父の郷里・岡山県備前市で祖母に育てられた。閑谷中を経て青山学院に進むが結核のため中退。雑誌の編集を手伝いつつ創作活動に。戦時中は岡山市疎開同人誌も創刊した。再び上京、奥津温泉を舞台にした「秋津温泉」(昭和22年)で脚光を浴びる。

病床で執筆することもあったが意欲は衰えず、昭和27年(1952)「罪な女」で直木賞を射止める。

執筆ジャンルは幅広く、推理小説時代小説も書いた。代表作は「赤い殺意」。「秋津温泉」は36年に吉田喜重監督、岡田茉莉子長門裕之主演で映画化され、奥津温泉は全国的に有名になる。