スマートフォン用の表示で見る

藤原斉信

社会

藤原斉信

ふじわらのただのぶ

日本の平安時代中期の公卿藤原為光の次男。

藤原公任藤原行成、源俊賢とともに一条朝の四納言と称された。