藤原忠隆

社会

藤原忠隆

ふじわらのただたか

日本の平安時代後期の公卿藤原北家経輔流。

院庁の年預を務めるなど、鳥羽院政期を代表する院近臣の1人として活躍した。