藤原朝忠

読書

藤原朝忠

ふじわらのあさただ

平安時代中期の歌人三十六歌仙の一人。土御門中納言と号する。

延喜十(910)年生、康保三(966)年没。

藤原冬嗣の玄孫、右大臣藤原定方の子。母は中納言藤原山蔭女。

従三位中納言に至り、醍醐天皇朱雀天皇村上天皇の信任も厚かった。

村上天皇即位を祝う大嘗会の歌合では悠紀方の歌人となり、天徳内裏歌合でも活躍。笛・笙の名手でもあった。

勅撰和歌集には『後撰和歌集』以後二十二首が入集。家集は『朝忠集』。

逢ふ事のたえてしなくはなかなかに人をも身をも恨みざらまし

百人一首 44/拾遺和歌集 巻十一 恋一 678