スマートフォン用の表示で見る

藤原道綱

読書

藤原道綱

ふじわらのみちつな

藤原道綱(AD.955〜AD.1020年)

大納言東宮傅、右大将。

藤原兼家と『蜻蛉日記』作者(藤原道綱母)の間の子。

大日本史に伝記があり。但し、人格への評価があまり良くない。*1

*1:性貪鄙,後一條帝幼日,道綱侍側,謂曰:「殿下曾見撒金乎?」曰:「未也。」道綱曰:「美觀莫過焉。」乃使蔵人取内庫沙金百兩自撒之。帝見而甚。道綱起收之。陽為棄去,懷之而退。【続古事談。】