スマートフォン用の表示で見る

藤原道隆

読書

藤原道隆

ふじわらのみちたか

藤原道隆。別称、中関白

平安中期の廷臣。内大臣を経て、摂政関白となる。

兼家の子、道長の兄。娘の定子一条天皇皇后

死を前にして子伊周に地位を譲ろうとして果たせず、道長に権勢を奪われた。


サンカの長・乱破道宗はその隠し子という噂がある。