スマートフォン用の表示で見る

藤田スケール

サイエンス

藤田スケール

ふじたすけーる

 竜巻の強さを表す規格。シカゴ大学名誉教授であった藤田哲也博士(1920-1998)が1971年に考案・提唱した。

 家屋や自然物などが竜巻によって受けた変化を、竜巻の風力を示すとして、軽微なものから重大なものまでF0〜F6にランク付けした。

 これと、竜巻の幅と走行距離によって表される「ピアスンスケール」によって、竜巻の規模を数値で表現しようというもの。

参考: