スマートフォン用の表示で見る

藤田元春

地理

藤田元春

ふじたもとはる

地理学者。1879年2月4日−1958年4月13日 

京都府美山町の神官の家に生まれる。1900年京都府師範学校を卒業、教員となる。1916年京都帝国大学文学部史学科に選科生として入学京都帝国大学卒。小川琢治、内藤湖南にまなぶ。中国調査旅行をおこなって中国の歴史,地理関係の著作を多数執筆したほか,「日本民家史」などをあらわした。1925年第三高等学校教授兼大阪高等学校教授。1944年定年退官、戦後は山梨大学教授、立命館大学教授。1947年「日支交通の研究」で京都帝大文学博士。

著書