スマートフォン用の表示で見る

藤田伸二

スポーツ

藤田伸二

ふじたしんじ

1972年生まれ。

JRA所属(栗東)、リーディング上位に常に名を連ね、GI勝ち多数の騎手

デビュー年に39勝をあげ、JRA賞最多勝利新人騎手)を獲得。1996年、フサイチコンコルド日本ダービー優勝。

以後、2004年までに、優秀騎手賞5回、フェアプレー賞12回獲得。2004年には、史上3人目(1993年柴田政人1997年河内洋)となる特別模範騎手賞を受賞。

JRA全10場での重賞制覇など開催を選ばない活躍を見せ、代打騎乗でも良績を見せる。クリーンな騎乗にも定評があるが、歯に衣着せぬ言動でしばしば“やんちゃ”と形容されるなど、強面のイメージも付きまとう。

また、GI昇格後の高松宮記念で3勝(1999年・マサラッキ、2002年・ショウナンカンプ、2009年・ローレルゲレイロ)を記録している。

同期に、四位洋文安田康彦など。

  • 2006年12月21日に栗東市内の飲食店で従業員に対し暴力行為に及び、翌年3月21日まで騎乗停止となった。