スマートフォン用の表示で見る

藤田東湖

読書

藤田東湖

ふじたとうこ

藤田東湖。(1806-1855)

幕末思想家儒学者水戸藩士。尊皇攘夷思想の主導者の一。幽谷の次男。名は彪。

徳川斉昭のもとにあって藩政改革に当たる一方、その熱烈な尊攘論により勤王家を主導した。

安政大地震で圧死。著「和文正気歌」「回天詩史」「弘道館記述義」など。