藤田平

スポーツ

藤田平

ふじたたいら

プロ野球選手・指導者。通称「鬼平」。

右投左打、ポジションは遊撃手一塁手背番号は6番。


1947年10月19日生まれ。和歌山県出身。

市立和歌山商業高校から1965年ドラフト2位で阪神タイガースに入団。

吉田義男の後釜として遊撃手の定位置を獲得。

主力選手として1960年代から1970年代のタイガースを支えた。

1978年、208打席連続無三振の当時日本記録を樹立。*1

1979年、怪我の影響で一塁手に転向。

1981年、打率.358を記録し、セ・リーグ首位打者に輝く。

1984年、現役引退。

1995年、タイガースのニ軍監督に就任。

1996年、一軍監督に昇格。新庄剛志との確執*2や監督解任の際の球団事務所篭城劇が話題となった。

選手、コーチ、監督時代を通じて優勝を経験することができなかった。

同年退任後は、MBS野球解説者を務めるかたわら、マスターズリーグ大阪ロマンズの選手。

対馬まさかりドリームスにも参加。

2008年、BCリーグ福井ミラクルエレファンツの監督に就任。

*11997年イチローが216打席で記録更新。

*2:実際は確執劇は無かったと言われている。