スマートフォン用の表示で見る

藤堂志津子

読書

藤堂志津子

とうどうしずこ

小説家

著書として、『熟れてゆく夏』『かそけき音の』『銀の朝、金の午後』『昔の恋人』等。

1989年 『熟れてゆく夏』で第100回直木賞を受賞。

2003年 『秋の猫』で第16回柴田錬三郎賞を受賞。