藤波辰爾

スポーツ

藤波辰爾

ふじなみたつみ

プロレスラー。本名・藤波辰巳。愛称「ドラゴン」。

1953年大分県東国東郡生まれ。

'70年6月、日本プロレス入門。岐阜市民センターにおける北沢幹之戦でデビュー。

'72年3月、新日本プロレスリング旗揚げに参加。'74年の 第1回ゴッチ杯に優勝し、'75年6月に海外遠征へ出発。'78年1月 WWWFジュニア王座を獲得して凱旗帰国。ドラゴン・ブームを巻き起こした。'81年10月、ヘビー級に転向。

'85年12月、木村健悟と組み初代IWGPタッグ王者となる。'88年5月には第2代IWGPヘビー級王者に輝く。'93年8月、G1 CLIMAX初優勝を達成。'98年4月、IWGP王座6度目の君臨を果 たす。

'99年6月24日付で新日プロ社長に就任。

2004年1.4東京ドームでの現役引退を表明したが保留。

2004年6月23日付で新日プロ副会長に就任。

2006年、新日プロ退社。新団体「無我ワールド・プロレスリング」旗揚げ。

稀代のレアグルーヴソング「マッチョドラゴン」などですばらしい歌声を披露してることでも有名。



リスト::プロレスラー