藤本京太郎

スポーツ

藤本京太郎

ふじもときょうたろう

プロボクサー。元キックボクサー

1986年6月23日生まれ。大阪府出身。角海老宝石ジム所属。血液型B型。身長183cm、体重107kg。

キックボクサー時代は狂太郎レンジャー、強太郎レンジャー前田慶次郎、京太郎というリングネームを使用していた。

略歴

2006年に狂太郎レンジャーのリングネームでプロデビュー。

2007年に行われたK-1 JAPAN TRYOUTに参加し合格。その後日本選考合宿に参加し、さらにマイク・ベルナルド指導の南アフリカ合宿に立川隆史とともに参加。

同年8月、リングネーム強太郎レンジャーに改名しYOUNG JAPAN GPに出場。1回戦で百瀬竜徳、決勝で佐藤匠を判定で下し優勝。

2008年、リングネーム前田慶次郎に改名。4月のK-1 WORLD GP横浜大会でマイティ・モーに判定勝利。同年6月のK-1 WORLD GP福岡大会のJAPAN GPに出場。1回戦で武蔵、準決勝で佐藤匠をそれぞれ判定で下すも、決勝でエヴェルトン・テイシェイラに判定負け。WORLD GP出場を逃す。

2009年3月、K-1 WORLD GP横浜大会の第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメントに出場し、1回戦でメルヴィン・マヌーフを1RKO、決勝でグーカン・サキを判定で下し第2代K-1ヘビー級王者となる。日本人初のヘビー級王者。同年8月、リングネームを本名の京太郎に改名。K-1 WORLD GP東京大会でヤン・ソウクップに3RKO勝ち。同年9月、K-1 WORLD GP初出場。開幕戦ルスラン・カラエフに判定負け。

2010年4月、K-1 WORLD GP横浜大会のK-1ヘビー級タイトルマッチピーター・アーツに2RKO勝ちし王座初防衛を果たした。同年10月のK-1 WORLD GP開幕戦ジェロム・レ・バンナと対戦し、3R終了時の判定でドローとなるが、判定に不満をあらわにしたバンナが試合を放棄してしまう形で勝利。12月のK-1 WORLD GP決勝ラウンドの準々決勝でセーム・シュルトに判定負け。大晦日のDynamite!!ゲガール・ムサシにダウンを奪われて判定負け。

2011年にはプロレスにも参戦。同年10月にボクシングへの転向を表明し、K-1ヘビー級王座を返上。12月にプロテスト合格。プロテスト後楽園ホールで観衆約200人の前で行われ、長島謙吾を相手にスパーリングを行った。

2013年7月25日、後楽園ホールで元東洋太平洋ヘビー級王者で日本ヘビー級2位のオケロ・ピーターと日本ヘビー級王座決定戦を行い、TKOで勝利。56年ぶりに復活した日本ヘビー級王座を獲得。


獲得タイトル


リスト::ボクサー