スマートフォン用の表示で見る

藤本定義

スポーツ

藤本定義

ふじもとさだよし

野球選手・指導者。通称「伊予の古狸」。

右投右打、ポジションは投手背番号は22→30→50→61番。

1904年12月20日生まれ。愛媛県出身。

松山商投手兼任三塁手として活躍。早稲田大学では投手として活躍。

1931年東京鉄道管理局の監督に就任。

1935年東京巨人軍創立の際、初代監督に就任。1942年まで9シーズン務め、7度の優勝。第1期黄金時代を築いた。


1946年パシフィックの監督に就任。翌1947年太陽ロビンスの監督となる。

1948年金星スターズの監督に就任。1956年まで大映スターズの監督として指揮を執る。


1957年阪急ブレーブスの監督に就任。日本プロ野球で初めて「先発ローテーション」の概念*1を導入。


1960年阪神タイガースのヘッド兼任投手コーチに就任。

1961年6月6日、金田正泰?の後を受け、監督に昇格。

1962年、15年ぶりのセ・リーグ優勝を果たす。

1965年杉下茂監督就任に伴い、総監督となるも一年で監督に復帰。

1968年、後任を村山実に譲り、勇退

監督としての実働年数29年は日本プロ野球史上最多。


1974年、野球殿堂入り。


1981年2月18日、逝去。

*1:当時同球団のエース格であった米田哲也梶本隆夫を一定の登板間隔で起用し、横行していた無鉄砲なエース偏重起用を指して「30勝投手を出すのは監督の恥」と批判した。管理野球の起源となる。