謄本

一般

謄本

とうほん

謄本とは、文書の原本の内容を同一の文字符号により全部写したもので、原本の内容を証明するためにつくられる書面。

内容の全部を写している点において,内容の一部を写しているにとどまる抄本と異なる。

戸籍謄本(戸籍法10条)、登記簿謄本(不動産登記法21条、21条の2、商業登記法11条)、公正証書謄本(公証人法51条)、訴訟記録の謄本(民事訴訟法91条)などがその例である。

また手形の謄本(手形法67条、これを利用して裏書または手形保証ができる)などの例もある。