スマートフォン用の表示で見る

踏み込む

スポーツにおいては一般に下半身の安定をまず作り出すことが肝要であるとされている.

例えば野球やゴルフなどの道具を振るスポーツにおいても、最終的に振る動作を行うのは腕であるが、その腕の振りはそのための 上半身の回転を生み出す原動力は、下半身の安定が土台になる.バックスウィングなどで下半身の力を矯めた後、その力を伝えるためにまず足で踏み込む動?作が必要になる.踏み込むことで下半身の並進運動が止まり、その運動の力が慣性力として上半身に伝わって上半身の回転を生み出すのである.つまり踏み込んで下半身を止める動作こそが、体重をつかった下半身のパワーを上半身の回転、そして腕の回転の原動力になる.

例えば野球の打撃では、右打者の場合、バックスウィングで右足に載せた体重を左足に踏み込んでそこでがっちりと左足を(開かずに)止めることで、上半身が回転する力が生まれる.ゴルフもそうである.左足でがん!と地面を踏み込むからこそ、ダウンスウィングの力が生まれる.