透過液晶

コンピュータ

透過液晶

とうかえきしょう

D

透過液晶とは液晶パネルが特殊加工されているタイプで後ろに3次元物体(実物)を置き前面の液晶パネルの白い部分が透過(透明ガラス)して透けて見える。特にデジタルサイネージ関連で使用されることが多い。特殊加工されてパネルの後ろ側に光源(LED及びCCFL,蛍光灯等)があると特にきれいに見える。液晶用語の半透過液晶とはまったく意味が違う。また有機EL(OLED)は自発光タイプなので後ろの光源を必要としないパネルもあります。