スマートフォン用の表示で見る

頭山満

一般

頭山満

とうやまみつる

頭山満(とうやまみつる)。1855年〜1944年(安政2〜昭和19)。

伝統的国家主義者・右翼の巨頭。福岡藩士

安政2年、黒田藩の馬廻役筒井亀策の三男として生まれる。明治9年、萩の乱に関係して投獄される。

頭山は、西郷隆盛の志を継いで大陸進出を心願し、明治10年、箱田主輔らと博多に向陽社を設立、同14年には「玄洋社」と改称した。大亜細亜主義(大アジア主義)を主張する玄洋社には多くの青年が集まり、これら社員は日清・日露戦争で大陸に渡り朝鮮独立運動等で活躍した。

頭山が目覚ましい活動をしたのは明治・大正期であり、孫文らの亡命を助けて辛亥革命に大きな力を与えたほか、内田良平らと黒龍会、大日本生産党を設立、さらに浪人会・大東塾など多くの右翼団体・人物に影響を与え、明治・大正・昭和の三大にわたって右翼陣営の大御所として重きをなした。