動物虐待

動植物

動物虐待

どうぶつぎゃくたい

 動物虐待に関しては社会的批判に比べて実際の刑罰が軽いという問題があった。1999年に動物愛護法が成立されるまでは、器物破損や都道府県の各種条例でしか処罰できなかった。殺人犯が予兆として動物虐待を行っている事例等から法整備の気運が起きたが、動物愛護法の罰則が軽いなど、動物愛護団体からは改正すべきとの声が根強い。