撞舞

撞舞

(一般)
つくまい

茨城県龍ケ崎市八坂神社の祇園祭最終日の夕方に、市内の根町通りで奉納される神事。500年の伝統をもつといわれる。
高さ17mの柱に、龍つけ袴と筒袖にカエルのお面をかぶった全身暗緑色の舞男「雨がえる」が登り、魔除けの矢を四方に射てから、逆立ちや綱渡りを披露する。
豊作、雨乞い、疫病除けを祈願する。
国の重要無形民俗文化財。
関東三奇祭のひとつだといわれている。

新着ブログ: 撞舞