洞院実守

洞院実守

(社会)
とういんさねもり

日本の鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿。北朝の大納言や南朝の右大臣などを歴任した。

新着ブログ: 洞院実守