スマートフォン用の表示で見る

道路交通法

社会

道路交通法

どうろこうつうほう

日本の法律

1960年昭和35年)6月25日制定。法律第105号。

道路を使用する人すべて、つまり歩行者も車に乗る人も全ての安全と円滑なる運行を守るための法律。「道交法」と略して呼ぶこともある。

公道パーキングメーター駐車料未納のような、危険性の乏しい軽微な違反者から反則金を取り上げ、集金ビジネスのような取締を行うことは42.8.1通達で当時の警察庁長官により禁じられているが、現状はそのようになっていない事が、今井亮一などの交通ジャーナリストに指摘されている。

道路交通法 (法庫