徳川綱吉

一般

徳川綱吉

とくがわつなよし

江戸幕府第五代将軍。生没年(1680-1709)

代将軍家光の四男。母は京堀川の八百屋お玉(桂昌院)。長じて上州館林藩主となり、兄の四代将軍家綱に世嗣がなかったことから、その養子に迎えられ将軍となった。

生類憐れみの令」と呼ばれる動物愛護のための諸法令を定めたことで知られる。

愛知県岡崎市に徳川将軍ゆかりの大樹寺があり、そこに生前の身長と同じ高さの位牌があるがその高さが124cmしかないことより、小児症であったといわれている。