徳川重好

一般

徳川重好

とくがわしげよし

延享2年2月15日(1745年3月17日)〜寛政7年7月8日(1795年8月22日

日本の江戸時代の大名。徳川家重の次男。

清水徳川家初代当主である。

1777年に兄の10代将軍家治の一人っ子の家基が死去すると、弟の重好は最も将軍の近親となるが、生来の病弱と子供が全くいない(妊娠した例もなし)ことを理由に、将軍後継にはなれず、このため残りの御三卿で田安家は男子が全員養子に出ており空家のため、残りの一橋家の当主・治斉の長子豊千代が天明元年(1781年)が将軍の養子となり将軍となった<徳川家斉>。

しかし、皮肉なことに将軍実弟にもかかわらず病弱で将軍後継から完全に外されれながら、その後15年程寿命をまっとうした。