スマートフォン用の表示で見る

徳川信康

社会

徳川信康

とくがわのぶやす

戦国武将。1559年〜1579年

徳川家康の嫡男。母は正室の築山殿。岡崎城主。

武勇に優れていたとされるが、1579年、武田家との内通の疑いにより、信長の命により自刃。(この事件の真相は不明な点も多し)