特許法

社会

特許法

とっきょほう

特許法は、第一条で「この法律は、発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もって産業の発達に寄与することを目的とする。」と定めている。

つまり、特許法とは、

発明をした人がその発明を公開する代わりに、その発明についての独占権(特許権)を与える。

特許権が有効な間は、特許権者のみが発明を使え、有効期限が切れた後は、誰でも自由にその発明を使えることにする

産業の発達を図ろうとする

ことを目的とした法律

民法特別法であり、民法を基礎としている。