特需

社会

特需

とくじゅ

一過性の出来事によって、通常の数倍以上に需要が盛り上がること。

朝鮮戦争の勃発とともに米軍による日本での調達が急増し、特需景気をもたらしたことが日本経済戦後復興の起爆剤となった。最近では一業種や地域など小さな範囲での突発的な需要増に使われることが多い。

特別需要の略