スマートフォン用の表示で見る

特定建設業

一般

特定建設業

とくていけんせつぎょう

日本の建設業許可の区分の1つ。元請工事を下請を使って施工する場合にその下請代金の額が4500万円以上になる場合に必要となる許可である(建築一式工事以外は3000万円以上)。一般建設業の要件を満たすとともに専任技術者資本金の用件などが厳しくなっている。