特定国立研究開発法人

社会

特定国立研究開発法人

とくていこくりつけんきゅうかいはつほうじん

特定国立研究開発法人は、国の研究機関が世界最高水準の成果を生み出すことを目的として指定される法人の仮称。

現行の独立行政法人制度ではコスト削減が求められ、革新的な研究成果が出しづらいとの反省から、新法人では組織の裁量権を高める。現行制度では研究者の給料は公務員並みとしているが、トップの判断で高給で優秀な研究者を招けるようにしたり、厳しい成果主義も導入できるようにしたりする。ただ、これらの法人の無駄遣いが膨らめば政府が進める行政のスリム化と逆行しかねないため、担当大臣や総合科学技術会議の強い関与で運営を厳正に評価するという。

対象法人として、理化学研究所産業技術総合研究所の2法人が候補に挙げられている。