特定商取引法 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

特定商取引に関する法律

とくていしょうとりひきにかんするほうりつ

日本の法律

(昭和五十一年六月四日法律第五十七号)

「特定商取引」について定義・方法・規制を定めた法律。通常「特定商取引法」あるいは「特商法」と略される。

(目的)

第一条
この法律は、特定商取引(訪問販売通信販売及び電話勧誘販売に係る取引、連鎖販売取引特定継続的役務提供に係る取引、業務提供誘引販売取引並びに訪問購入に係る取引をいう。以下同じ。)を公正にし、及び購入者等が受けることのある損害の防止を図ることにより、購入者等の利益を保護し、あわせて商品等の流通及び役務の提供を適正かつ円滑にし、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。


以下、略