特別勘定

社会

特別勘定

とくべつかんじょう

運用成果を直接契約者に還元するために、他の財産と区分して経理される勘定のこと。生命保険会社が変額保険や変額年金保険の資産を運用・管理するために用いる勘定。運用結果によって保険金年金・給付金などの支払い額が変わるため、他の資産と区別される。